ぴよこの神社☆研究所
トレンド・お出かけ情報も満載!
おでかけ情報

【大阪】四天王寺の2019万灯供養と盆踊りの時間とスケジュール!

こんにちは、ぴよこです。

お盆休みって、私たち社会人にとってはちょっとした短い夏休みです。

せっかくだし、遠出や旅行を計画する人も多いんじゃないでしょうか。

でもお盆休みって、本当はご先祖様に感謝し供養する大切な期間なんですよね。

大阪四天王寺では、毎年この時期

「万灯供養」という祭礼が行われます。

また期間中には盆踊りが開催されるなど、ご先祖供養とともに、夏を満喫できる祭礼なんです!

今回は、そんな四天王寺の「万灯供養」のスケジュールと、アクセス方法や駐車場の情報をまとめました!

大阪・四天王寺「万灯供養」2019年スケジュール

毎年お盆に行われる先祖供養の祭礼で、

一夜で1万本のローソクに火が灯る、幻想的な供養です。

般若心経に合わせて、僧侶が伽藍内を歩きます。

2019年の四天王寺「万灯供養」の日程と概要です。

8月9日(金)〜16日(金)

毎晩18時頃〜21:00まで

場所・伽藍内(無料開放)

  • 参拝無料
  • 献灯料(ローソク1本)700円

8月8日までに来寺し予約をすると、特製うちわが進呈されます。

四天王寺の供養

宗派は関係なく供養していただけますが、

四天王寺の供養の方法は2種類あります。

  1. ・お経をあげてご供養する
     お堂に立ち寄り、僧侶に
     経木回向(読経)をしま
       す。

    ・読経、焼香のあと、亀井
    堂にて「経木のお流し」
    をします。

    ・お布施(回向料)は
    3000円~、
    六時堂は5000円~
    です。
  2. 「万灯ローソク」
    中心伽藍にローソクを
    立てて供養します。

    特性ローソクに故人の氏名
    を記入し、火を灯します。

万灯ローソクだけで先祖供養も可能ですが、

四天王寺では日頃の感謝を込めて、

①のお経のお勤めもするよう勧めていますよ!

 

四天王寺盆踊り大会

お盆の恒例行事となっている四天王寺盆踊り大会は、

8月11日・12日
夜19時30分~21時30分まで。

「亀の池」で行われます。

盆踊りには、誰でも参加可能です。


出典:四天王寺

石舞台の上に組まれた櫓から、河内音頭継承者の「河内屋菊水丸」さんが

約2時間にわたって熱唱します!

そして池の周りをみんなで踊り、盛り上がります!

アクセスと駐車場

電車の場合

祭事や行事の時には、露天が出るなど賑わいます。
車より、公共の交通機関を利用するほうがいいかもしれません。

環状線・天王寺駅から北へ徒歩12分
地下鉄御堂筋線・谷町線
天王寺駅から
北へ徒歩12分
地下鉄谷町線
四天王寺前夕陽が丘駅から
南へ徒歩5分
近鉄南大阪線
阿部野橋駅から
北へ徒歩14分

 


出典:四王寺への交通アクセス

 

高速ICから車利用の場合

環状線方面からは
阪神高速道路14号松原線・夕陽ケ丘出口から
約6分

松原方面からは
阪神高速道路14号松原線・文の里出口から
約10分
です。

駐車場は?

境内に駐車場はありません。

四天王寺、南大門に隣接した「無人タイムズ」を利用しましょう。

8:00~22:00 200円/30分

22:00~8:00 100円/60分

最大34台停めることが出来ますが、

行事がある場合などはすぐに満車になってしまう可能性が高いので、

他のコインパーキングを利用しましょう。

おわりに

ぴよこは、お盆は田舎に帰り、キュウリやナスをお供えして墓参りする伝統的なスタイルで先祖供養をしています。

若かりしころは友人と旅行に行ったりして、田舎にはあまり帰りませんでしたね。

けれど年々年を重ねるごとに、ご先祖様のありがたみを感じます。

たとえ仕事で忙しく、またはレジャーの予定があって田舎に帰れなかったとしても、

美しく神秘的な1万本のローソクでご供養されたら・・・

ご先祖様も。いつもと違った特別なお盆を喜ばれるかもしれませんね!

四天王寺
〒543-0051
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
TEL:06-6771-0066