ぴよこの神社☆研究所
トレンド・お出かけ情報も満載!
おでかけ情報

ハルさんのカフェ紹介の鳥取のカフェはどこ?アクセスと駐車場情報!

こんにちは!ぴよこです。

NHKEテレ「ふるカフェ系ハルさんの休日」7月18日(木)放送で、

鳥取県用瀬(もちがせ)町にある古民家カフェ「川のhotori用瀬」が紹介されました。

築100年の古民家を改装した、レトロ感漂う落ち着いた雰囲気のカフェは、

食事を楽しみながら、用瀬の美しい自然を堪能できるとあって今ジワジワと人気が出ています。

今回は古民家カフェ「川のhotori用瀬」と、番組でも紹介された「用瀬名物アンコロ」や、カフェへのアクセス・駐車場情報をまとめました!

古民家カフェ「川のhotori用瀬」

オーナーさんの思い

築100年超の古民家を改装したカフェは、天井が低く、座敷スタイルでどこか懐かしい雰囲気。


出典:川のhotori用瀬公式HP

オーナーさんは、JR鳥取県駅近くの
レストラン&カフェ「Mirai(ミライ)」のオーナーさんでもあり、

過疎化が進む自然豊かな用瀬町に、かつての賑わいを取り戻そうと

2016年8月にカフェ「川のhotori用瀬」をオープンしました。

自然とカフェの融合

1階テラス席は瀬戸川に面しているため、小川のせせらぎを聞きながら食事を楽しめます。

毎年5月〜8月は、清流でしか育たない水中に咲く美しい白い花「梅花藻(バイカモ)」が見られます。

伝統菓子名物アンコロ

カフェの人気メニューは、伝統菓子「用瀬名物アンコロ」です。

寒天の薄皮で、求肥を加えた甘さ控えめの餡を包んだアンコロは、
100年前まで用瀬の伝統菓子として親しまれながらも、途絶えてしまった
幻の名物菓子でしたが、様々な苦労を経て復活させてお菓子です。

100年前の用瀬名物を、100年後にも残したい

そんな思いの詰まった「名物アンコロ」が、こちらも名物の「用瀬茶」と
一緒にいただけます。

その他、ランチ・ディナー・ドリンクのメニューも豊富です。

各種イベントなども行われています。

アクセスと駐車場

車と電車でのアクセス方法

JR鳥取駅からは車で約30分

大阪・兵庫・京都または岡山方面からは、
鳥取自動車道用瀬ICを降りて5分ほどで到着します。

電車を利用の場合は、JR用瀬駅から徒歩5分なので、迷うことはないと思います。

駐車場は?

お店専用の駐車場があります。
店舗から50メートルほど離れているので、初めて訪れる場合は
少しわかりにくいかもしれません。

車でカフェに向かう場合、「トスク用瀬店」というスーパーを通りますのですぐ先の信号を左折します。

踏切を渡り、郵便局を右折します。

そのまま進めばカフェの駐車場があり、10台ほど停められます。

カフェは、駐車場から徒歩で3分ほどです。

 

おわりに

最近カフェは、駅中や町中にあふれていていますね。

メニューも充実していて、働く人から老若男女、
いろんな人が様々な用途で利用しています。

おしゃべりしたり、読書をしたり。
ぴよこ達ノマドワーカーにも
なくてはならない場所です。

いつもお世話になっています!

過疎化が進む自然豊かで美しい町用瀬を、カフェでと伝統菓子で町おこし。
この試みからも、現代人にとってカフェがなくてはならない存在なのが
わかります。

いつもはカフェでもせわしなくキーボードを叩いていますが、

静かな古民家カフェで、川のせせらぎに耳をすませながらアンコロとコーヒーに舌鼓・・・

想像するだけで、スケジュール帳の空きを確認してしまうぴよこなのでした。

「川のhotori用瀬」
〒689-1201鳥取県鳥取市用瀬町用瀬405-3
TEL:0858-87-3390
営業時間:月~木・10:00~18:00
金・土・祝前日・10:00~21:00
定休日:毎週水曜日(祝日等で営業する場合あり)

予約:4名以上で来店する場合はランチ・ディナーともに
予約がおすすめ