ぴよこの神社☆研究所
トレンド・お出かけ情報も満載!
神社仏閣

結婚報告続出?一つは必ず叶う!三重県「石神神社」でとっておきのお願いを!

こんにちは、ぴよこです。

願い事ってどれも、叶えたくて大切なものだけど、

どうしても叶えたい当別な願い事

ってありますよね。

将来の大きな夢や、危機に直面している時の解決の願い、女性なら恋愛や結婚に関する事かもしれません。

今回は、特に女性の願いを必ず一つは叶えてくださるという「石紙神社」のご紹介です。

石神神社とは?

「石神神社」は、三重県鳥羽市の相差(おうさつ)町にある、「神明神社」の末社です。

相差町は海の幸が豊富な、海女と漁師の町です。

天照大神様を御祭神とする「神明神社」は、相差町の氏神様です。

その末社で、玉依姫命(たまよりひめのみこと)様を御祭神とする「石神さま」は、60cm程の石が御神体となっているため、こう呼ばれています。

玉依姫命様は、海を守る美しい女性の神様ということもあり、昔から海女さんの大漁と安全を守ってくれる神様として親しまれています。

そこからか、女性の願いを必ず一つ叶えてくださる神様と言われるようです。

その効果は絶代で、芸能人では

  • 藤原紀香さん
  • 松島なほみさん
  • 道端ジェシカさん

などが、参拝後にお付き合いしたり結婚が決まったそうです。

恋愛や結婚だけでなく、マラソン選手の「野口みずき」さんも参拝後、お守りを持ってアテネ五輪の女子マラソンに挑み、見事に金メダルを獲得しました。

やはり、何か特別な願い事に力を貸してくださっているような気がしますが、

玉依姫命様とは、どんな神様なのでしょうか。

玉依姫命様(たまよりひめのみことさま)

玉依姫命様は、海上安全などの海を守る神様であると同時に

  • 子宝
  • 安産
  • 縁結び
  • 災難除け

などの御利益がある、美しい女性のかみさまです。

玉依姫命様は、とても懐深い神様です。

姉の豊玉姫命様が山幸彦様との子供を出産中、本当のお姿であるワニの姿を夫に見られてしまい、ショックで海の中に帰ってきてしまいます。

子供を心配する姉のため、玉依姫命様は地上においでになり、その子供であるウガヤフキアエズを育てる決心をします。

人間であれば、素晴らし女性ですね。

さらに、玉依姫命様は成長した育ての子、ウガヤフキアエズと結婚し、

初代天皇である「神武天皇」をお産みになります。

なかなか複雑です。

このように、激動の神生を送られた玉依姫命様が、海女さんを守ってくださったり、女性の願い、とりわけ特別な願いを叶えてくださる理由が、わかる気がしますね。

石神さまの参拝方法

石神さまの参拝方法は、まず祈願用紙に願い事を記入します。

鳥居横に、記入所があります。

記入所には、ピンクの祈願用紙とテーブルに鉛筆も準備されていますので、よく考えて、本当に叶えたい願い事を一つだけ書きましょう。

土日や祝日は、この記入所も大変混雑します。

祈願用紙や鉛筆は充分用意してくださっていますが、記入するテーブルは人でいっぱいになる場合があります。

事前にどんな願い事を描くか、考えて行きましょう。

いよいよ参拝です。

折りたたんだ祈願用紙を願い箱にいれたら、二礼二拍手一礼の後、願い事をしっかりと伝えましょう。

参拝は一人づつです。

混雑時には、参拝もかなり待つかもしれません。

噂によりますと、玉依姫命様は大変優しい神様で、参拝者一人一人の願い事に、一生懸命耳を傾けていらっしゃるそうです。

焦らず、焦らせず、マナーを守り、順番が回ってくるまで辛抱図よく待ちましょう。

必ず手に入れたいお守り

石神さまといえば、必ず手に入れておきたいのがお守りです。

このお守りは、海女さんの磯着である麻の生地で出来ています。

中には、玉依姫命様の御神体の石があがったとされる、相差の海岸の石が入っています。

お守りの口紐は、「叶い結び」という特別な結び方がされていて、一つ一つ手作りされています。

また、買い紫色で書かれた「星」と「格子」のマークは、

  • 星「ドーマン」
  • 格子「セーマン」

と呼ばれています。

星のマークのドーマンは、一筆で書けることから、

「潜っても必ず元の所に戻って来られる」という意味があり、

格子の「セーマン」は、出入り口がわかりにくいことから、魔物を寄せ付けいないと言われており、

海女さんの手ぬぐいなどに、縫い込まれているそうです。

このお守りには、ストラップタイプもあり、こちらには本真珠が付いています。

手作りのお守りのため、売り切れる場合もあります。

絶対に手に入れたい場合は、平日か出来るだけ早い時間に参拝しましょう。

おわりに

祈願用紙は、郵送も可能です。

参拝に来ることが出来ないお知り合いがいましたら、是非お守りとともに渡してあげてください。

それから、願い事が叶ったら、お礼参りをしてください。

そうすれば、また新たな願いを一つ叶えてくださいます。

たった一つというのは、その時たった一つ・・ということなんですね。

本当に優しくって美人で懐が深くって、ぴよこの大好きな神様です!

アクセス

神明神社(石神さん) 住所:三重県鳥羽市相差町1385

鳥羽バスセンター(かもめバス)で約40分

相差で下車してから徒歩約7分

伊勢道伊勢インターチェンジから車で約40分、

「相差海女文化資料館」の無料駐車用が利用できます