ぴよこの神社☆研究所
トレンド・お出かけ情報も満載!
おでかけ情報

沖縄「名物かき氷白くま」いなみねへのアクセス方法!駐車場は?

こんにちは、ぴよこです。

今、沖縄糸満市にある冷やし物専門店「いなみね」の名物かき氷がインスタグラマーを中心に話題になっています。

その理由は、トッピングのフルーツで作ったなんとも言えないゆるふわフェイス♡

同じ顔は2度ない、可愛らしいとぼけた顔のかき氷は、インスタ映えすること間違いなし!

今回は暑い夏にはぴったりな、沖縄糸満市「いなみね冷やし物専門店・お食事処」さんの

愛らしいかき氷と、アクセス方法や駐車場についてまとめました!

ゆるふわフェイスのかき氷

いなみね冷やし物専門店・お食事処名物「白熊」

かき氷にたっぷりの練乳をかけ、フルーツや小豆などをトッピングした鹿児島発祥の「白熊」は、

今やコンビニなどでも売られており、いつでもどこでも食べられるようになりました。

暑い時期が長い沖縄でも、かき氷「白熊」は長らく親しまれてきましたが、

糸満市にある、「いなみね冷やし物専門店・お食事処」さんの名物かき氷「白熊」は、
ちょっと一味違うのです!

トッピングのフルーツで、なんともゆるふわなフェイスが描かれているんですね。

  • 目は豆、
  • 眉はパイナップル
  • 口はみかん
  • さくらんぼを咥えてる?

なんだか笑えます。

同じ顔はあえて作らないというこだわりと、食べたいけれど勿体無いというもどかしさが受けているのも納得です!

見た目だけじゃない!絶品かき氷

高さ25センチの食べ応えあるかき氷は、ふわふわの氷に練乳がたっぷり!

氷の下には、3〜4時間かけてコトコト煮込んだ自家製の金時豆とモチモチの白玉が隠れています。

味は、地元の方のお墨付き!

まさに絶品です。

ところで、こちらの白熊の通常サイズは、

自分の顔と比較して、写真撮影をする人もいる程のボリュームです。

シェアする事も出来ますが、シェアは2名名までです。

食べきる自信のない方は、小サイズがありますので、こちらを注文しましょう!

またアイスのトッピングも可能です。

お値段は

  • 白熊・・・626円
  • 小サイズ・・・486円
  • アイスのトッピング・・・170円

となっております。

通年食べられるのですが、やはり暑い夏にいただきたいですね!

いなみね冷やし物専門店へのアクセス

電車とバス場合

最寄駅は、沖縄都市モノレール「ゆいレール」の赤嶺駅です。

那覇空港駅からは一駅で、
料金は大人230円・子供120円、4分ほどで到着します。

出典:ゆいレール|沖縄モノレール

赤嶺駅からバスに乗り換えます。

ゆいレール「赤嶺駅」から

↓徒歩5分

「赤嶺駅前」/沖縄路線バス
球バス交通沖縄バス・89糸満線
(那覇西高校経由)・糸満バス
ターミナル行

↓18駅(22分)500円

糸満ロータリー/沖縄県路線バス

↓徒歩8分(585m)

いなみね冷やし物専門店・お食事処

 

車でのアクセスと駐車場

カーナビに「いなみね冷やし物専門店」を目的地に設定します。

那覇空港からだと、国道331号線からロータリー3つ目の出口を
出て、県道77号を経て約20分で到着します。

駐車場は少しわかりにくく、いなみねさんの店舗を通り過ぎた
次の信号を右折後、数十メートル先左手に駐車場があります。


こちらの地図のゴール地点(かめさん商店)の隣の空き地が駐車場です。

かき氷だけじゃない!

いなみねさんは、名物「白熊」を始め、いろんな甘味のメニューがあります。

でも、甘味だけではありません。

沖縄そばやゴーヤチャンプルーなどの地元の味に加え、定番の定食まで

糸満市民の胃袋を満たす名物食堂です。

おわりに

これから暑い夏を迎えようとしている今日この頃。

沖縄まではちょっと遠いけれど、ゆるふわかき氷を堪能しに沖縄へ・・・

ちょっと贅沢ですが、そんな旅の目的があってもいいのではないでしょうか?

自分だけのゆるふわかき氷を堪能したら、ツイッターやインスタにあふれる

誰かのゆるふわかき氷と、表情を見比べてみるのもいいですね!

可愛いくてゆるくって、いつまでもみつめていたいけど溶けてしまう・・・・

そんなふわふわ儚い、くすっと笑えるおとぼけゆるふわかき氷のご紹介でした!

いなみね冷やし物専門店 お食事処
沖縄県糸満市字糸満1468‐3
TEL:098-995-0418
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日