ぴよこの神社☆研究所
トレンド・お出かけ情報も満載!
スイーツ・カフェ

【マツコの知らない世界】カフェハチドリの店舗情報は?人気のパフェを調査!

こんにちは!パフェ大好きぴよこです。

10月22日放送の「マツコの知らないパフェの世界」はご覧になりましたか?

紹介されたパフェの中でも、マツコさんも驚いた!

一際目を引く美しい芸術作品のようなパフェ。

神奈川県逗子市にある

dessert cafe HACHIDORI
(デザートカフェ・ハチドリ)」。

アートのような美しいパフェに魅了された視聴者も多かったはずです。

食べることはもちろん、目でも楽しみたい女性には、まるで食べる宝石!

SNS映えすることも間違いなしですね!

そこで今回は「デザートカフェ・ハチドリ」の店舗情報や

今食べられるパフェについて調べてみました。

新逗子駅から徒歩3分!隠れ家みたいな「デザートカフェ ハチドリ」

通り過ぎないで!


出典:LeTRONC

「デザートカフェ ハチドリ」は、都心から1時間ほどでアクセスできる

新逗子駅近くの閑静な住宅街の中にあります。

外観は、白をベースにした可愛らしく落ち着いた雰囲気のカフェ。

初めて訪れる人は、気がつかずに一度は通り過ぎてしまうとか!

お店の名前に使われている「ハチドリ」は、

世界最小の鳥です。

「羽ばたく宝石」とも呼ばれるハチドリは、美しいパフェを提供するこちらのカフェにぴったりですね!

また、過酷な環境で生き抜くハチドリは実はとてもタフな鳥。

「小さなお店でも、ハチドリのように力強く育つように」という

オーナーさんの願いが込められています。

開店前にパフェが完売することも⁉︎予約必須のカフェ

テーブル席とカウンター席合わせても10席程の

こじんまりしたカフェにもかかわらず、

大人気の「デザートカフェ ハチドリ」。

店内も、落ち着いた雰囲気に包まれています。


出典:LeTRONC

座席数も少なく、一日に作れるパフェの数も限られているため

開店前に、予約のお客さんで

パフェが完売してしまうことも

めずらしくありません。

今後はますます人気が出ることが予想されます。

行かれる際は、必ず電話で予約をしましょう!

予約の際は、必ず一人につきパフェ1オーダーがルールです。

また、予約をしていても30分以上待つこともあります。

時間に余裕を持って行ってくださいね!

アクセス&店舗情報

dessert cafe HACHIDORI
(デザートカフェ ハチドリ)

Tel:046-870-1320
神奈川県逗子市逗子5-5-10
営業時間:月・木・金・土・日
11:00~18:00
定休日:不定休
ラストオーダー17:30
(売切れ次第閉店)
駐車場や駐輪場はありません。
公共の交通機関を利用するか、
最寄りのパーキングや
駐輪場を利用しましょう。

予約について

人気のおカフェですので、予約をして行きましょう。

予約の電話が通じる時間帯は、営業日の

  • 10:00~10:50
  • 18:00~19:30

です。カフェの営業時間中は対応できません。

これまでは、平日のお昼頃がねらい目でしたが

テレビ放送後は、電話が繋がらなくなる可能性も予想できますね。

芸術品のような美しい「デザートカフェ ハチドリ」のパフェ

「デザートカフェ ハチドリ」のパフェは、

なんといってもその芸術作品のような

細かな細工と、美しい色合いのフルーツが

使われているのが特徴です。


出典:dessert cafe HACHIDORI


出典:dessert cafe HACHIDORI

食べるのがもったいないですね。

後悔しないよう、様々な角度から

写真をたくさん撮影してから

食べるお客さんも多いようです。

実際に「デザートカフェ ハチドリ」を訪れた人の声

 

 

「マツコの知らない世界」で紹介されていたのは、

「ブドウのパフェ ローズとグリーンアニスの香り」です。

どのパフェも、本当に美しいですね!

今食べられる「デザートカフェ ハチドリ」のパフェ

「デザートカフェ ハチドリ」のパフェは、全て季節のメニューです。

旬のフルーツにお酒やハーブ、スパイスを組み合わせています。

現在食べられるメニューは

  • モンブランパフェ・コーヒー・オレンジ・ジャスミン ¥1480(税込)
  • 紅茶とリンゴのパフェ ¥1380(税込)

です。

最新のメニューの情報や、臨時休業、予約情報などは

公式HPでチェックしましょう!

dessert cafe HACHIDORI
(デザートカフェ ハチドリ)
公式HPはこちら

おわりに

パフェって、昔は若い女性の食べるもの・・・

デートで彼女が嬉しそうに頬張っているイメージが強いというと

年代がばれそうですが(笑)

今は男性同士、カフェで語らいながらパフェを食べている光景も

めずらしくなくなってきました。

同時にパフェも、様々な年齢、性別、シチュエーションに応じて

手軽に食べられる物から高級パフェなど、多彩に進化しています。

といううんちくは抜きにして、「デザートカフェ ハチドリ」さんのカフェは

絶対食べたい!!関西だけど!

そのうち百貨店などの催しで、食べられる日が来るかもしれませんね!

関西の皆さんは、期待して待ちましょう!