ぴよこの神社☆研究所
トレンド・お出かけ情報も満載!
神社仏閣

出でよ「大大吉」!ちょっと不思議な京都伏見稲荷大社のおみくじまとめ

こんにちは、ぴよこです。

神社仏閣を訪れたら、参拝のあとおみくじを引きますよね。

特に初詣は、ふだんやらない人でも今年の最初の運試しにと、おみくじを引く人が多いのではないでしょうか。

よく当たると評判で、おみくじが目的で参拝を訪れる人がたくさんいるような神社もあります。

そんな中、少々変わったおみくじで有名なのが、京都「伏見稲荷神社」のおみくじです。

それでは、どんなおみくじなのか解説していきましょう。

京都伏見稲荷大社のおみくじ

全国3万社を超える稲荷神宮の総本山である、京都伏見稲荷大社のおみくじには、「凶」や「大凶」がありません。

そのため、平安時代から「縁起の良い福を招く神社」という由緒があります。

さらに、福を招くとあって、「大大吉」のおみくじが存在します。

また17種類32の結果があるというおみくじには、ちょっと変わった結果が書かれていることも。

今回は、普通の神社とは一味違う、伏見稲荷大社のおみくじについてまとめてみます。

そもそもおみくじって?

おみくじとは、漢字では「御神籤」と書き、神社・仏閣などで吉凶を占うくじです。

何か物事を始める時や、悩み事のある時、一年の始まりに、まず御神慮を仰いでこれに基づいて、懸命に事にあたるというものです。

要は、神様にアドバイスを求めるということです!

だからなんとなく引いたり、出た結果に一喜一憂するだけではいけません。

もちろんたいして読まずに結んで帰ってしまうのも、神様に大変失礼ですね!

伏見稲荷大社のおみくじの種類と意味

それでは、伏見稲荷大社のおみくじはどの様になっているのでしょうか。

それでは種類と意味を良い順にまとめていきます。

  • 大大吉(だいだいきち:最高によい!)
  • 大吉(だいきち:とてもよい!
  • 凶後大吉(きょうのちだいきち:努力次第で大吉になります)
  • 凶後吉(きょうのちきち:努力次第で吉になります)
  • 末大吉(すえだいきち:そのうち大吉になる)
  • 末吉(すえきち:そのうち吉になる)
  • 向大吉(むかうだいきち:努力すれば大吉に向かう)
  • 吉(きち:良い・普通)
  • 中吉(ちゅうち:良い・普通)
  • 小吉(しょうきち:良い・普通)
  • 小凶後吉(しょうきょうのちきち:ちょっとした苦難に耐えれば吉となる)
  • 後吉(のちきち:これから良い事あるかも)
  • 吉凶未分末大吉(きっきょういまだわからずすえだいきち:今はどうなるかわからない運勢だけど、努力次第で大吉になるかも)
  • 吉凶不分末吉(きっきょうわかたずすえきち:吉の運勢だけど努力を怠らないで)
  • 吉凶相半(きっきょうあいなかばず:良いことも悪いことも半々です)
  • 吉凶相交末吉(きっきょうあいまじわりすえきち:吉凶入り乱れているがそのうち吉になる)
  • 吉凶相央(きっきょうあいなかばす:吉と凶の中間)

いかがですか?こんなにあるんですね!

ちなみにぴよこが引いたのは・・・・・

・・・・・・頑張ります。

おわりに

おみくじは、悪い結果がでれば落ち込む事もあるけれど、よくよく考えたらおみくじは、神様からお言葉をいただける凄いツールなんですね!

大切に扱って、ぜひ御利益をいただきましょうね!

アクセス

伏見稲荷大社:京都市伏見区深草藪乃内町68番地・(075)641ー7331

「電車で」:京阪本線「伏見稲荷駅」下車徒歩5分

「市バスで」;南5系統「稲荷大社前」下車徒歩7分

「車で」:名神高速「京都南」インターから20分、阪神高速「上鳥羽」出口から10分京阪本線 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩5分

【市バス】をご利用の場合
・南5系統 稲荷大社前下車 東へ徒歩7分

【自動車】をご利用の場合
・名神高速道路 京都南インターから 約20分
・阪神高速道路 上鳥羽出口から 約10分

京阪本線 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩5分

【市バス】をご利用の場合
・南5系統 稲荷大社前下車 東へ徒歩7分

【自動車】をご利用の場合
・名神高速道路 京都南インターから 約20分
・阪神高速道路 上鳥羽出口から 約10分

京阪本線 伏見稲荷駅下車 東へ徒歩5分

【市バス】をご利用の場合
・南5系統 稲荷大社前下車 東へ徒歩7分

【自動車】をご利用の場合
・名神高速道路 京都南インターから 約20分
・阪神高速道路 上鳥羽出口から 約10分